11月29日、パラッツォモンテキトリオのサラデッラルパで、第4版で100イタリア功労賞が授与されました。イベントの後援者である出版社Riccardo Dell’Annaは、もう一度イタリアの善と美を強調することができました。夕方、彼らは優秀賞、レッチェストーンのPigna d’Onore、その職務の遂行において、または最も多様な種類の製品やサービスの推進において自分自身を際立たせた個性や企業を受賞しました。舞台上には、出版社外の名誉委員会に所属するスピーカーもいました。彼らは、国の発展のための一連の中心テーマにゲストの注意を向けて、人々や企業に報酬を与えることを選びました。環境保護のための市民のニーズと生活水準への注意観光からインフラ開発まで。文化振興から公共の安全まで。最高裁判所長官のAngelo Buscemaは、イタリアにはどのように多くの優秀さがあるのか​​、そして実際には参照モデルとしての資格を得ることができるのかを強調しました。 「イタリア。ジャーナリストのAlda D’Eusanioが演説を司会し、ユーモラスな皮肉をもって賢明に研究を進めた。夕方はCircolo Antico Tiro a Voloでのディナーで終わり、ゲストは素晴らしい価値のある国に属することの喜びを共有することができました。