SARTORIA F. CARACENI MILANO

SARTORIA

F. CARACENI

MILANO

“芸術が終わり、産業が始まる閾値がある。”
これは、その敷居を越えようとしなかったフェルディナンド・カラチェニの言葉である。

1939年、16歳でミラノにやってきたフェルディナンドは、30年間、偉大な師匠であるA.カラチェニのもとで働いていましたが、当時の彼が誇りとしていたように、すでに「資格のある」労働者でした。 1967年、フェルディナンド・カラチェニは、ミラノのサン・マルコ通りにテーラリングを設立しました。 60年以上にわたり、フェルディナンドは情熱と献身をもって仕事をしてきました。2004年、フェルディナンド・カラチェニは私たちのもとを去りました。しかし、彼の心は残っており、彼の教えは非常に本物であったため、娘のニコレッタ・カラチェニは、20年以上父親と一緒に仕事をした後、クラフトマンシップのみを維持しながら、同じ原則でフェルディナンド・アトリエを継承することを決めました。

私は、父から受けたすべての教えに感謝しながら、同じ精神と誇りを持って父の仕事を引き継いでいます。経済的な価値だけでなく、手作りの仕立て屋の仕事に感謝し、情熱と能力と愛情を持って作られたユニークなベスポークを身につけたいと思っている人たちに着てもらいたいのです。 Nicoletta Caraceni

現在、カラチェニのアトリエは、イタリアのエクセレンスとして世界的に認められています。 ニコレッタは父親から教わったように、生地選びから始まるマニアックな品質に気を配っています。イギリスの生地であろうと、スコットランドのカシミアであろうと、アイルランドのリネンであろうと、常に最高のものでなければなりません。

仕立て屋の作業風景と道具の数々

私たちの価値観

ハンドメイドスーツのみ

私たちのテーラーは、職人用の仕立て道具を使っています。 だから、それぞれのスーツは本当にユニークです。

エクセレンス

品質は生地から始まる:どこから来ても常に最高のものでなければならない

トラディション

父から娘へ、私たちは60年以上続く本物のカラチェニ・ミラノです。

忍耐と細心の注意を払った作業の結果、唯一無二のBespokesが誕生しました。

フェルナンド・カラチェニのテーラーは、お客様の体型や姿勢に合わせてデザインし、お客様の個性にぴったり合ったユニークな服を作ります。偶然に任せることはありません。機械やコンピュータは一切使用していません。そのため、より多くの努力と時間が必要となりますが、最終的な仕上がりとお客様の満足度が私たちの仕事を誇りにしています。

最初のスーツの場合

お客様とサルトリアの最初のミーティングでは、生地選び、お客様の採寸と記録、姿勢の分析を行います。その後、3回のフィッティング(海外在住の方は2回のみ)を行います。 もっと見る

その他のスーツについて

すべてがより速くなりました。 前回のスーツで作成した型紙により、お客様へのフィッティングは1回のみとなります。

処理段階についての詳細はこちら

Caraceniのテーラリングは、クラシックなスタイルでありながら、現代のコミュニケーションに開かれています。